埼玉県川越市の歯医者さん。川越駅近くの望月歯科医院。院長ブログです!

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大変申し訳ありません。
休暇を過ごしているんです。

都内の桜はほぼ満開だが、
埼玉を北上していくと・・・DSC03033.jpg まだ8分咲き

DSC03034.jpg 更に、群馬まで北上すると
お名前を知らない白い花が・・・・。

長野に着いたら、いつものお約束の場所
DSC03036.jpg・・聖パウロカトリック教会

日々の診療から全く離れて過ごしております。
大変申し訳ないと思うとともに
OFFであることを心から感謝申し上げます。

もちろん、明日からはタイトな日々が・・・・。
1日は、介護関係の会議・歯科医師会の会議
2日は県歯科医師会の会議
3日は商店会の会議・・・・etc

報告者:医院長 望月

スポンサーサイト
秋葉系?
一昨日の日曜日、秋葉原にいた。DSC_0012.jpg

研修会に出るために
DSC03029.jpg  DSC03030.jpg
歯科界を取材し続けたジャーナリストの水野氏の講演である。

数度拝聴してきた氏の講演だが、
客観視をし続けるからこそ見えてくる世界観である。

ある種ユニークに思えるが、
それだけ、私たちの業界が閉鎖的であることの証明なのかもしれない。

講演中に、10年後のトレンドは変わり続けていくのだという点に
共感を覚える。
つまり、10年後に通用している体制と価値観であることを
創り上げていく努力が、とても重要だということであろう。

様々な勇気を携え、帰路は飯田橋で交通機関を乗り換えた。
改札を出たところの桜は、8分咲きといったところか? DSC03031.jpg

またしても、学ぶことの重要性を
学び舎で知ることとなった!

報告者:医院長 望月

出世?
本日、午前中を休診として
地元商店会の八百屋さんに従事してまいりました。

偉くなったもので、本日からレジ係!
DSC03028.jpg
医院での診療とは異なりますが、
こういった形であっても、地域の皆様に貢献できることがあれば
幸いに思っております。

ちなみに、来年度も続きますよ!

報告者:医院長 望月

嬉しいけど・・・。
今日、久しぶりにSちゃんに逢うことができた。

だけど、しもやけにやられた私の指は
往診用に用意したパウダー付きグローブに
完全にやられてしまった。DSC03027.jpg


ひりひりするし、何だかかゆい。
でも・・・・、そんなことより
彼女に会えただけで良しとしよう。

それよりも、早く指を治さないとないといけない。

報告者:医院長 望月

u

明日
明日、東京ドームから2015年シーズンが始まる。
DSC03026.jpg 本拠地開幕までは、あと5日

ここから9月の末までは、駆け足のように時が過ぎていくのだろう。
そんなスピードに負けず、
一つ一つ、一日一日を大切に
生きて行こう!

そして、そのご褒美のように
野球が10月以降まで(クライマックス~日本シリーズ)
続いていけますように。

報告者:医院長 望月

お疲れ様
長年、共にしてきてくれたガラ携が卒業した。
DSC03023.jpg
カメラ部分はひび割れて
電池の保護キャップはどこかに去って・・・・。

扱いがひどくてご免ね。
お疲れ様でした。

でも、しげしげと見てみると、
私そのものでもある気がしてくる。

何とかなっていると思っているのは私だけで
けっこう無残な状態なのだと・・。
だから、これからは私自身を大切にしていく必要が
あるような気がしている。

報告者:医院長 望月

球春
ついに、2015年のプロ野球チップスが発売された。
DSC03024.jpg

そして、私の手元には、
なぜだか、チケットが・・・・。DSC03025.jpg

正直言って、優勝を願っている訳ではない。
君たちが頑張っている姿を、我が身にエネルギーとして落としていきたいだけ。

そんなフィールドが、ついに開幕する。
彼らに負けぬように、前に前へ!

報告者:医院長 望月

至福
4年振りに診療室に来院してくれた自閉症女児
今日の日をとても楽しみにしてくれていたそうだ。

そんな彼女は、昨年の4月から、
有名ステーキ店のおかわり用の“白パン”を作るベーカリーで
勤務しているのだという。

偉いな~! 立派だな~!
そんな貴女の傍らにいられることを
心から感謝する。

こんど、そのステーキ店に行ったら、ごはんではなくて
パンを注文するね。

今日は有難う。 今まで有難う。
これからもおじさん頑張るね。
今日お邪魔をした水頭症の貴女のためにも
バギーで来院してくれた彼方のためにも
お電話を頂いた脳性まひの貴女のためにも。

そして、支援を必要としている多くの方々へ、
我の命を賭して、あなたのために・・・。

報告者:医院長 望月

震災~復興
休日を過ごさせていただいている中、
駅構内で、このようなパンフを見かけた。
DSC03019.jpg・・昨日、石巻線が前線開通したのだという!

201年のあの時、県警から身元確認班出動依頼が当医院に来ていた。
条件は、被災地(岩手県)まで県警が輸送する
勤務は一週間で、 帰路については確約できない。

結論は、躊躇しエントリーしなかった私がいた。

現在のデータによると、2584名の行方不明者の方々がおられ
その中で、身元が分からないご遺体もまだあると聞く。

あの時、参加をしていれば、何がしかのお手伝いはできたはず。
後悔とは違うが、後ろ髪をひかれる思いはいまだに拭えない。
だから、自分が必要とされたときの身構えを
常にしておきたいと思う。

それが、自身にとって不利と思える状況であったとしてもである。

報告者:医院長 望月



地下鉄サリン事件
20年前の地下鉄サリン事件の当日、
私は遅番の勤務だったため、
事件が起こった時間から、数時間後に丸の内線に乗車していた。

駅職員の緊張ぶりがヒシヒシと伝わり
何とも言えぬ空気だったことを今でも覚えている。

池袋の終点では、列車の連結部分にある鉄板を
やっとこのようなものでめくって点検をし
まるで取調べでもするかの様な面相で作業されていた。

あれから20年
月日は過ぎ、なぜあのような凶行に人々が至ったのかは
教祖の指示以外の理由は、いまだはっきりとはしない。

多くが、分別のつく学歴のある人々だったのに。

その人々が引きこまれて行くプロセスを検証することこそが
本当の意味での教訓なのではないのだろうか?

報告者:医院長 望月
夢の入り口
10か月ぶりに、15歳自閉症の少年が来院した。
彼の成長は目を見張るばかりで、
いろいろな事を許容出来るようになっていた!

また、
ほぼ3年ぶりに自閉症女児のお母様から連絡を頂いた。
現在、就労しているという。
立派だね!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
昨日、教育委員会の先生から
市内小中学校(56校)のデータを頂いた。
DSC03017.jpg
障害を持つ児童生徒の、検診時等の困難さを調査したものである。

今、データを公開することはかなわないが、
この貴重なデータを足がかりに、
今まで見えなかった、障害の形を具現化することにより
障害を駆逐していくきっかけになって行けるようにしたい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
私は、障害を持つ彼等にも、ご両親にも特別な医療は提供はできない。
誠に情けないことだが、それが現実である。
障害そのものを受け入れる”寛容力”だけで勝負している。

寄り添う医療とは云いようで、それしか私の武器がない。

だから・・・・・・・・、

精一杯背伸びをして、市レベルで障害者支援を実現したい。
そうすれば、私の陳腐な技術では守れない彼らへ、
少しでものサポートになりえるのだろうと思うから。

報告者:医院長 望月

ピッカピカ
2週間前のことだが、
プロの業者の方々にフロアー清掃を依頼した。
DSC02881.jpg
輝いているフロアーに、ただただ感心する。

されど、大切なことはソフトだと思う。
どんな姿勢で、来院された方と対峙して
そして何をお返しして行くのか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今日、医院を一時閉院して、教育委員会の方と
お会いしてきた。
障害を持つ児童生徒の保健に関する事柄について。

私の武器は、その子供たちの為になることを
精一杯行いたいという点。

その武器だけで、教育の現場に、ここまで浸透出来てきた。
決して組織間の建前論ではなく、
真正面からの直球勝負!

体裁などはいらない。
大切なのはソフトなのだとつくづく思う。

されど、フロアーがきれいなことで、心が和んでくれたらば幸い。
見てくれは、人の心を左右する武器であることも
忘れてはいけない。

報告者:医院長 望月

若者を育む、先人としての義務
今日の午前中を休診として
とある学校の卒業式に列席した。
20150316114717.jpg
若者たちの門出に際し、先人(大人、あるいは先輩)として
彼らが成長してゆけるように、彼らが進んでいける道(機会)を作ることが
私たちの義務なのだとつくづく思う。

明日という時代を生き抜いていくために
未来の時代を創り上げていけるように!

それを支援することそのものが
私の生きている意義であるともいえる。

今日はおめでとう! そして、そろそろバトンソーンに
差し掛かっていることを感じてみておくれ。
君たちの後ろを歩いてくる者たちがいることを!

報告者:医院長 望月

春へ
3月も半ばを過ぎたというのに、
いまだ、しもやけに悩まされている。
DSC02967.jpg
春の到来を待ちわびているわたし。

暖かい日々を待ち望んでいるが、
これは人生も一緒で、苦しい試練の後にくる時の方が
愛おしくその時を過ごせるに違いない。

だから、しもやけに限らず、
今の様々な試練を春のために糧とせねば・・・・。

報告者:医院長 望月

確定申告
こんなドンづまりになって、
ようやく確定申告書類が出そろった。

ある意味、ようやく去年か終わったともいえる。
本年は、もっと高き所へ1

報告者:医院長 望月

恐るべき情報網
今朝、西日本新聞社のS氏からメールが届いた。

3月11日に同紙に掲載された記事があるというのだ。
その内容は・・・DSC02964.jpg
武田康夫先生の記事である。

S氏は、その武田氏を知っているかとの問い合わせだったのだが、
・・・・言わずもがなである。

こんな風に、障害者に関する記事が飛び交うとは!
私もたいした人間になったものだ。

冗談はさておき、その繋がりを
きっと役立てていくのだと、心に秘めておこう。

報告者:医院長 望月

ここにも・・・・。
2月の終りに、障害者医療の師と仰ぐ武田氏をお呼びして
開催された学会があった。

もう過去のことになってしまったが、
DSC02959.jpg
一昨日お邪魔をした特別支援学校の廊下に…!

何だかホッとする気がする。
尽力した形が、少なからず影響を及ぼしている。
つまり、何らかの意義はあったのだと思える。

努力は無駄には終わらないものであると
つくづく実感するポスターだった。

報告者:医院長 望月

旅立ち
昨日、市内にある特別支援学校で
51回目の卒業式が行われた。DSC02957.jpg

もう一つの側面からいうと、
今まで、特別な支援という庇護の下で育まれてきた彼らが、
一般社会というところに飛び出していくことを
宣言する日でもある。DSC02958.jpg

学び舎からは離れてしまうかもしれないけれど
おじさんみたいな支援者だって、学校以外にもいるんだぞ!

就労に就く生徒も、就労支援施設に行く生徒も
みんな頑張れ!
おじさんも、みんなのために頑張るからさ。

また、どこかで逢いましょうね。
彼方たちが生まれてきた意味がきっとあると思っています。
だから、彼方たちが持っているポテンシャルを
最大限に引き出させてあげたい。

改めて・・・・、ご卒業おめでとう!

最後に、女子生徒が言った一言
『お金を稼いで、両親をディズニーシーに連れて行ってあげたい!』
そうなれるように、頑張ろうね。

みんなの夢が叶いますように。
(私の幸せ予定数が減っても構わないから
             彼らにその分が届きますように)

報告者:医院長 望月

医療連携
昨晩、医師会館でついに挙行さる!
DSC02907.jpg
始まるまでは冷や汗ものでしたが、
終わってみたら、糖尿病医・歯科医師双方からの
意見交換が垣間見られ、
やり始めた意義はあったかと安堵するばかり。

この話を受けた私の目的は、
この町に住む人達が、より良い医療を受けて頂けるものになるなら!
というものでしたので、
これからも頑張らんといけませんな・・・・。

次回は6月末と決まった。

報告者:医院長 望月

リミッター
昨晩の研修会終了後に、いよいよぎりぎりになって
給油を果たした。
メーターはなんと・・・・!
20150308195805.jpg 公式には、75 リットルのガソリンタンクのはずだが…。

何だか私に似ている。
身の丈以上を背負って、日々もがいている感じ。
昨晩も、資料の手直しを3時半ごろまでかけてしまい…。

それもそのはずで、本日の研修会の場所は
川越市の医師会館
完全アウェーの場所で、オリジナリティーあふれる資料を
プレゼンするというのだから、私のことながら、しんどいことだと
想像にたやすい。

なんで、こんなのことをしているのだろう・・・・。
理由は簡単で、この地域・この医院が少しでも良くなるお手伝いなら
喜んで!…。

でも・・・・、志だけでは体の疲労や負担は取れないわけでで・・・。
でも、そうこうしている間に出発のお時間が・・・・・。

報告者:医院長 望月 

医療連携講習会
本日の午後、糖尿病と歯周病に関する
医療連携講習会に行ってきました。
20150308153157.jpg
そもそも、明日川越市(医師会館)でおこなわれる医療連携講習会も
上記講習会ののちに開催したかったため、
明日にしたという経緯があります。

川越市において、顔が見えて温もりのある医療連携ができるよう
明日も頑張らんと!

報告者:医院長 望月

ともしび
2月22日に行われた、血液疾患に係る医療相談会の
レポートを書いていて・・・・・・・・。
20150308123617.jpg
ご参加いただいた患者の方やご家族にとって
安心を得る場であったようです。

アンケートの中に、『現実を受け止められない日々・・』という言葉がありました。
されど、文末には…『前に進めそう。』とのお言葉が。

現実の出来事が、急に好転することはないのでしょう。
でも、その方々にとって暖かい灯が心にともっていただけていれば
素敵なことだと思っております。

報告者:医院長 望月

心から有難きこと
障害者医療の師と仰ぐ御方から
頂いたメールを何度の何度も読み返してしまう。

その中に、師と望月が”未来を共有して・・・”といった内容が書かれている。
 


年度末を迎え、私が所属しているいくつかの部署では
人買いのようなことが展開されている。

一つは、県事業を担う部署への出向と
地元での障害者関連の部署

そのどちらも、やり手に事欠いている。
つまり、そのブランクを埋めるために、あの手この手で私に言い寄ってくる。
されど、そんな状況下で、
組織の建前論ではなく、本質論を追求しながら
邁進していることにいささか疲弊してきた。

だから、一切の職務から解き放たれたいと・・・・・。



そして、師の言葉を読み返す。
同じ未来を描いていると云われた私は、なんと有難い立場であろうか!
孤立していない自分は、いつでもエネルギーをチャージできる感がある。

だから、組織に属して、いつものようにそこから本質論を
極めてゆくのが私の使命なのだろうか?
いまだ、極めてはいない自分がいる。

そして明日、障害者関連の研修会を主催してくる。
そう、障害者ノーマライゼーションを実現するために!
それが私のミッション。

報告者:医院長 望月

命にかかわること
ある方からお手紙を頂戴した。
DSC02882.jpg
その内容はここでは載せられないが、
最後の3日前、あることが私とあったそうだ。

急なお別れになったことがとてもショックだったが、
このお手紙によって、何かで私と繋がっていたことに気が付かされる。
あの時私は、ただただ急な出来事に驚いて、
かえって気を遣わせてしまうかもしれない危惧を抱きながら
式に列席をした。

その結果、このようなお手紙を頂戴することになる。

だから・・・・、残った方々に私が出来うることを
何かして差し上げたい。
それが私の命の使い方のように思える。

方法は決めてある。
内容は一点。御心が癒されるものであることのみ。

御霊(みたま)が安らかな眠りについていますように。

報告者:医院長 望月
有難きこと
もちろん理由があって、
今日の診療終了時刻は、通常より一時間遅くに。

診療が終わっても、
今週土曜日の障害者関連の研修会用の資料と
来週月曜日の、糖尿病選科の先生との研修会の資料を作成する。

何だか体が重~い。


でも・・・・・・・・・!
今日のお昼に、満面の笑みで来院されたおば様がいた。
昨日診療を終えられた方。

たいそう診療の結果がうれしかった様子で
DSC02880.jpg…ビールの差し入れを頂戴した。

頂いたこのビールより何倍もうれしいのは
彼女の笑顔!
こんな笑顔を頂けるんだったら、もっと仕事がんばらなくっちゃ!

報告者:医院長 望月

終わってみると・・・・・。
2日間ブログをお休みしてしまいました。
単純な話、回線の不調だったのですが、
ちょうど良い休暇であったような・・・・。



昼ののんびりした時刻にディズニーランドを横目観て
DSC02865.jpg 着いた場所が一つ先の駅の新浦安

金曜日の準備から、深夜に至る接待(させて頂く側1軒・受ける側の2軒)の
席を経て、研修会当日
DSC02872.jpg DSC02873.jpg

障害者医療の師と仰ぐ武田先生をお呼びできた時点で
私の役割のほとんどは終わっていた。
その恩に報いるために、運営側として、
若い医局員に負けじと力仕事を手伝ったというのが
実際のところ。

翌日の日曜日に武田先生からメールが届く
内容はここでは書けないが、
一年間この開催に費やしてきたことへの報償は十分に思える。

今日になり、ようやく疲れも癒えたころで・・・・・。
今まで、お疲れ様でした!

報告者:医院長 望月

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

QRコード

QR

携帯でも当ブログをご覧になれます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。